本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 山口 > 日本基督教団山口信愛教会

日本基督教団 山口信愛教会

                           山口県教会、記念館、キリシタン遺物

一の坂川のほとりにある教会


キリシタン時代にはキリシタンが、幕末には志士が往来した山口の町にある、日本基督教団の教会。
山口では1891年からメソジストにより伝道が開始され、翌年山口信愛教会が建てられました。


山口信愛教会


1891年4月宣教師シメオン・ショウ夫妻が山口に派遣され、先に来ていたハーランと共に宣教。7月に12名がショウによって洗礼を受けました。

このときの受洗者の中には、後に伝道者として活躍した中村金次や日野原善輔(故・日野原重明の父)がいました。

日野原善輔牧師が寄贈した講壇が、現在も会堂で使用されています。




山口信愛教会

教会の十字架

一の坂川

一の坂川と山


 
現地への行き方
JR上山口駅から徒歩10分ほど。



この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション



                                          NEXT >>