本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 山口 > 龍福寺

龍福寺

                              山口県キリシタン関連史跡

ザビエルに布教を許可した大内義隆の菩提寺


2回にわたりザビエルと会談をし、領地内での布教を許可した大内義隆の菩提寺。

龍福寺のある場所は、もともと大内家の館があった場所で、大内家滅亡後寺になり、その菩提を弔うようになりました。義隆は大寧寺で自刃し、そこで葬られたので、ここにあるのは供養塔です。龍福寺の参道にはザビエルが布教した井戸が再現されています。

龍福寺


龍福寺は滅亡した大内氏の供養のために毛利氏が建立した寺。

この地にあった大内氏の館は百間四方の堀と土塁に囲まれた、大変豪壮な館でした。

境内には大内義隆の辞世の句が刻まれた石碑や義隆主従の供養塔などが建てられています。

ザビエルの井戸


山口で毎日路傍伝道に出かけていたザビエル一行は、よく大殿大路の井戸で説教をしていたと伝えられています。

龍福寺の参道には、大殿大路にあった井戸が、ザビエルの井戸として再現されています。

実際の井戸ではありませんが、当時を偲ぶことのできる場所を作ってくださったことに感謝したいです。


龍福寺

解説板

大内義隆供養塔

辞世の句

参道

ザビエルの井戸

井戸の再現

解説板


 
現地への行き方
JR上山口駅から徒歩7分ほど。



この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>