本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 山口 > 八坂神社

八坂神社

                              山口県キリシタン関連史跡

ザビエルが訪れた館の跡


フランシスコ・ザビエルが、大内義隆に拝謁するために訪れた館の跡。

山口を治めた大内氏の館は、築山館(現在は八坂神社)と大内館(現在は龍福寺)ですが、このうちザビエルら来賓客が訪れたのは築山館だったのではないかと考えられています。八坂神社の敷地内には築山館の遺構がわずかに残されています。

八坂神社


ザビエルが大内義隆と会談したのは2回。京都へ上洛する前と、その後です。

1回目の会談では、ザビエルが義隆の男色の罪を指摘して怒りを買ったことが記録されていますが、2回目は穏健に行われ、その結果布教の許可を受けることができました。

八坂神社境内


京都に行って、外見の重要さとワイロの必要性を感じたザビエル一行は、華麗な祭服をまとい、日本国王へと携えてきた贈り物を義隆に献上して、拝謁に臨みました。

元来新しいもの好きな義隆はザビエルらを気に入り好意的に扱いましたが、自らはキリスト教徒になろうとしはしませんでした。


八坂神社社殿

解説板

地図

土塁


 
現地への行き方
JR
上山口駅から徒歩8分ほど。



この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>