本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 山口 > 聖ザビエル記念公園

聖ザビエル記念公園

                              山口県キリシタン関連史跡、公園

ザビエルがいた教会跡


大内義隆から布教を許可されたザビエルが教会とした場所だといわれていた地。

布教の許可を受けたザビエルが、義隆から下賜された家は大道寺という寺で、そこを拠点として毎日伝道に出かけたことが記録されています。ここが大道寺の跡地だと推定したのはヴィリオン神父ですが、現在はここではなかっただろうといわれています。

聖ザビエル公園


大道寺の跡地でなくとも、山口の地にザビエルを記念する公園があること自体に意味があると思います。

公園内にはザビエル神父の刻まれた十字架の他、大内義長がトルレス神父に与えた裁許状が銅版に刻まれ掲げられています。

弾圧期のキリシタンの顕彰活動と浦上キリシタンの詳細な記録を調べたヴィリオン神父の像も、公園の一角に建てられています。


聖ザビエル公園

ザビエル入り十字架

ザビエル

公園内の巨木

裁許状の碑

裁許状

解説板

ヴィリオン神父像


 
現地への行き方
JR上山口駅から徒歩7分ほど。



この地図は大体の位置を示すものです。訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション


                                          NEXT >>